開発受託事例

開発受託事例

クリアライズでは、幅広い分野の分析・評価・測定を行っております。このページではこれまで受託してきた開発事例をご紹介いたします。

アンモニア性窒素分解処理装置

[業種]A社

廃棄物最終処分場向けアンモニア性窒素分解処理装置は、廃棄物最終処分場から発生する浸出水中に含まれるアンモニア性窒素を電気分解によって処理する装置で、 気候などの外的環境に影響されることなく安定的、効率的な廃水処理を実現します。

廃棄物最終処分場での浸出水に含まれるアンモニア性窒素は、一般的には好気性(水中の酸素が豊富な状況)条件下で微生物分解によって亜硝酸や硝酸に酸化させ、 さらに無酸素条件下で脱窒菌によってガス化させて除去しています。 気温や降水量など外的環境に起因する浸出水の温度やアンモニア性窒素濃度の変化によって、分解に関与する微生物の活性が影響を受け、分解処理の効率が下がってしまいます。 また、分解に用いられる微生物の活性を維持するための管理が必要なことや、分解速度が緩やかであるという課題もありました。

本製品は、電極が搭載された電解処理槽に浸出水を循環させ、電極によって分解し発生させた次亜塩素酸などの活性酸素をアンモニア性窒素に作用させ、 浸出水中に含まれるアンモニア性窒素を無害化した窒素ガスとして排出します。 電気分解であるため、気温、降水量の変化に影響されることなく安定した処理が可能です。

お気軽にお問い合わせください

0120-283-150

お電話はこちらから0120-283-150