非破壊測定

非破壊試験:光診断

サービスの概要

光診断技術は熱劣化によって変色した有機材料に2波長の光を照射し、その吸収の度合から対象材料の熱劣化度を定量的に評価する技術です。

特長

材料毎のマスターカーブを使用することで熱劣化の進行度、過去に受けた熱履歴(平均使用温度)が評価可能

対象材料からなる試験片を加速劣化試験を通じて加速劣化品を作成し、マスターカーブを作成します。このマスターカーブを用いて測定対象の換算時間を導き出し、運転時間などの情報から熱履歴等を評価します。

適用分野
  • プラスチック
  • 高分子材料
事例
  • エポキシ樹脂の劣化評価

お気軽にお問い合わせください

0120-283-150

お電話はこちらから0120-283-150