資料ダウンロード

クリアライズの提供する技術を紹介する資料をご用意いたしました。

無料でダウンロード可能ですので、ぜひご覧ください。

化学分析

気体中に存在する微量成分を目的元素や存在状態、状況に合わせ捕集し、定性・定量することができます。
リチウムイオン電池の負極材はグラファイトや複合金属酸化物など様々な種類がございます。
半導体構成材の極微量なα線を高精度で測定します。
Ge半導体検出器を用いるγ線スペクトロメトリーにて、化学分離を必要とせずにγ線放出核種の同定および濃度を測定できます。
イオンクロマトグラフ装置により、硫酸イオンやアンモニウムイオンなどの腐食に関係する成分を分析することができます。
励起させ生じた発光を分光測定しH~Uまでの複数元素情報を同時に最大深さ100μm得ることができる深さ方向の表面分析です。
金属中の水素・酸素・窒素を定量的に計測することができます。
鉄鋼、ステンレス鋼、鋳鉄、非鉄金属(アルミ、銅など)、高合金の金属材料について化学成分分析を行い、材質を特定いたします。
無機材料から有機材料、無機/有機複合材料まで、分析対象となる材料および分析成分に合わせて、最適な分析方法を適用します。
圧縮空気に含まれる「オイルミスト」「有機溶剤」「オイル蒸気」を捕集・測定・分析し、オイル等級を評価します。
脱脂洗浄装置の評価や加工部品の表面残留油分の評価、さらには抽出済みの試料に最適な油分濃度が測定できます。
油入変圧器の絶縁油について、定期的な診断を行うことで不具合の早期発見が可能となります。
材料または製品を加熱して発生するガスを分析します。臭いの原因や腐食の調査にも活用できます。
シロキサンとは、ケイ素と酸素を骨格とする化合物で、Si-O-Si結合を持つ物質の総称です。
各種イオンを高感度に分析することができ、濃縮システムにて液体試料(水溶液)中のppbレベルの測定が可能です。
2019年7月22日より、欧州に上市される電気電子製品への上述フタル酸エステル類の含有が規制されることとなりました。

物性評価

SEMやTEM等により、高性能パワー半導体を実現する「GaN」の特定微小部を、多方向から観察・分析した事例をご紹介いたします。
磁気測定に残留応力や環境変化を加えた「磁気特性試験」が提供できます。
油入変圧器の絶縁油について、定期的な診断を行うことで不具合の早期発見が可能となります。
融点、融解熱だけでなく特殊容器を使用することで沸点、気化熱も測定することができます。
比熱容量が分かることで、暖まりやすいのか、暖まりにくいのか、また冷めやすいのか、冷めにくいのかが分かります。
樹脂材料はガラス転移点以上に加熱された場合、反りや歪みなどの変形、変色など不良や事故原因となる変化を示すことがあります。
アニーリングを模擬した加熱処理によるDSC測定データの変化を評価例です。
2液混合型エポキシ樹脂について行った硬化度評価例です。
電線などの被覆材に使われているエチレンプロピレンゴム(以下EPM)を用いて行った、DSCのOIT評価例です。
ポリエチレンテレフタレート(以下PET)について行った結晶化度評価例です。
高圧下でサンプルを加熱、一定温度に維持した時のサンプルと基準物質に流入、流出する熱流を温度の関数として測定する装置です。
反応温度、反応熱量だけでなく比熱容量、結晶化度、硬化度、酸化誘導時間の評価が可能です。
物質の化学・物理的性質の評価だけでなく製品の耐熱性、熱的安全性や事故、不良原因調査および劣化調査に有効な手法です。
最大のメリットは、試料を切出すことなく分析が可能なことであり、製品の価値を落とすことなくあらゆる現場での分析が可能です。
独自の錆び除去技術により、お客さまに確かな破面解析情報をご提供します。
汎用性に優れたSEMと、エネルギー分解能に優れたEDX検出器 を組み合わせたシステムです。
当社ではレプリカ(模り)法により高精度に表面形状を転写し、観察・評価する技術を有しています。
非破壊で金属組織中の炭化物、ボイドの区分等信頼性の高い評価が可能です。
プラスティック材料をはじめとするあらゆる材質の破損解析を承ります。
磁性材料の直流および交流磁気特性を明らかにします。
高汎用性と高分解能観察を兼ね備えたSEMと、エネルギー分解能に優れたEDX検出器を組み合わせたシステムです。
試料を真空加熱した際に発生するガスを質量分析計で測定する分析法です。
試料中の水分をカールフィッシャー法(電量法、容量法)により、測定を行います。
放射される元素固有の波長を持つ二次X線を元素毎に分光、その強度測定によって元素の定性分析や定量分析ができます。
イオンスパッタリングとスペクトル測定を繰り返すことにより試料の深さ方向の元素分布を調べることができます(深さ方向分析)。
負に帯電した試料表面に低エネルギーのAr+イオンを照射することで帯電現象を中和し、測定を可能にするものです。
オージェ電子のエネルギーと数を測定することにより、固体表面数nmに存在する元素の種類(Li~U)と量を同定する方法です。
微小領域の観察及び解析を可能とする装置として広く利用されています。
微細化が進む材料やデバイス製品を原子レベルでの構造や組成の評価が可能です。
集束イオンビーム(FIB)装置はガリウムイオンを試料上に照射しながら走査し、試料の観察(SIM)や加工を行う装置です。
SEMは二次電子や反射電子を検出し、試料の表面形状を観察します(SEM像、反射電子像)。

構造分析

オージェ電子のエネルギーと数を測定することにより、固体表面数nmに存在する元素の種類(Li~U)と量を同定する方法です。
負に帯電した試料表面に低エネルギーのAr+イオンを照射することで帯電現象を中和し、測定を可能にするものです。
イオンスパッタリングとスペクトル測定を繰り返すことにより試料の深さ方向の元素分布を調べることができます(深さ方向分析)。
高汎用性と高分解能観察を兼ね備えたSEMと、エネルギー分解能に優れたEDX検出器を組み合わせたシステムです。
GD-OESは最大100μmまで評価可能な分析方法であり、めっき品の品質評価だけでなく変色や剥離原因調査にも有効です。
GD-OESは主成分から微量成分までの幅広い濃度範囲が分析可能であり元素分布の評価に有効な手法です。
GD-OESは薄い絶縁材料も測定可能であり、金属多層膜の表層にDLC膜を形成している試料も深さ方向分析が可能です。
粒界酸化の有無や、粒界酸化層の深さ評価に、GD-OESが有効であることを明らかにした検証結果です。
各原子核に隣接する原子団などの環境を推定し、ピーク面積比やピーク分裂など原子核間の情報と併せて化合物構造を考察します。
赤外分光分析は、物質に赤外線領域の光を照射してその透過光や反射光を測定することにより物質の化学構造を得る手法です。
評価可能な材料は、粉末・バルク材・微小異物・薄膜・単結晶・ナノ粒子等多岐に亘ります。
材料に含まれる元素の種類とその組成、及び各元素の化学的結合状態などに関する知見を得ることができます。

機械試験

当社では各種硬さ試験機を所有しており、各種金属材料の硬さ試験に対応しています。
振動周波数(固有振動数)、ひずみ・加速度の大小を評価することが可能です。
ハンマリング試験で得られた結果から振動形状解析(モーダル解析)した事例を紹介いたします。
金属材料の高サイクル疲労特性を明らかにする試験である。
金属材料の低サイクル疲労特性を明らかにする試験。鋼構造物において塑性変形の伴う金属疲労に対して余寿命評価が可能となる。
実機鋼構造物の一部を模擬した試験体に対して再現試験を行い破壊特性を評価する。
金属材料の破壊靭性値を明らかにする試験である。
各種金属材料や樹脂系材料などを対象に摩擦係数、焼付き荷重、摩耗量、表面性状などを計測し、摩擦・摩耗特性を調査致します。
摩擦係数、焼付き荷重、摩耗量、表面性状などを計測し、摩擦・摩耗特性を調査致します。

腐食試験

材料からの加熱発生硫黄蒸気の分析や硫黄蒸気を用いた環境暴露試験のご紹介です。
腐食性ガスの存在雰囲気において、材料や製品の腐食による変化を確認するための試験です。
乾燥・湿潤・低温などの環境条件を組み合わせた、複合サイクル試験方法が対応可能で、実環境模擬による耐食性評価を行えます。
塩水噴霧試験(SST)の他塩水噴霧、乾燥、湿潤サイクル試験(CCT)対応が可能です。
ガラスセルを用いた測定および白金オートクレーブを用いた300℃環境での各種材料の腐食特性を電気化学的に測定が行えます。
材料の試験片を製作し、各種JIS 試験およびご希望の試験条件(試験液,試験温度,応力)で応力腐食割れ試験が可能です。
塩水噴霧・乾燥・湿潤・サイクル試験と屋外暴露との相関性を明らかにし、金属及び表面処理等の腐食加速性を評価をします。
材料の試験片を製作し、各種JIS 試験およびご希望の試験条件(試験液や試験温度)で浸漬試験を行うことができます。

非破壊測定

疲労・応力腐食割れ・変形等の予防や損傷原因究明などで幅広く利用出来る非破壊的手法
疲労・応力腐食割れ・変形等の予防や損傷原因究明などで幅広く利用出来る非破壊的手法
中性子の特性を利用して水分を非破壊で検出する方法

環境分析

2019年7月22日より、欧州に上市される電気電子製品への上述フタル酸エステル類の含有が規制されることとなりました。
水質汚濁防止法に定められた特定有害物質使用特定施設の廃止時は、土壌調査が必要となります。
微細なアスベスト繊維をX線分析装置搭載の高分解能走査型電子顕微鏡により、アスベスト繊維種の判定を行なうことができます。
質量分析計(MS)と組み合わせることで独特の情報が得られ、高分子の評価・解析において有効な分析法となっています。
ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関 する特別措置法に基づき、PCB廃棄物の期限内処理が義務付けられています。

機器製品

季節や天候に影響されない浸出水の排水処理を実現

電池

カーボン材料で構成されたリチウムイオン電池の負極材は、充放電により様々な反応物が生成されます。
電池材料の生産工程においてセパレータや電極材料に異物が混入すると、短絡等による不具合発生の原因となります。
電池の長寿命化などを確立せるために、それら成分の構造や反応機構等を解明する必要がある
正極活物質の主要成分や微量成分の組成分析を行うことで、正極材の品質管理が可能となります。
材料中の結晶がどのような状態となっているかを調べるためには、X線回折を用いた評価が非常に有効となります。

自動車

磁気測定に残留応力や環境変化を加えた「磁気特性試験」が提供できます。
破壊試験前、試験後の内部状態を非破壊で確認します。
ネオジム磁石の特性向上には、その結晶粒や析出物から成る構造を評価し、制御することが重要です。
磁気特性試験はこれら軟磁性体の特性や損失を定量的に評価することが可能です。
車の様々な対象製品や部品が使用される環境を模擬し、あるいはより過酷な条件下に暴露して試験前後の変化を計測評価します。
蓄積された技術と知識からの発生ガス分析法の提案とその分析結果より、品質管理や製品開発をサポートいたします。
現行品から開発品まで、樹脂材料の組成分析、熱特性評価、機械特性評価、劣化評価を行い、品質管理や製品開発をサポートします。
潤滑油やグリースは熱や物理的により成分の分解や化学変化、金属摩耗により発生した金属粉などにより汚染で劣化します。
溶接構造物の評価するためには、検査・モニター技術を駆使し、健全性を評価しながら運用していくことが極めて重要です
ハイブリット自動車や電気自動車が普及し、その動力源の電気を供給、制御する電子回路の健全性は重要です。
自動車産業では、車の性能向上に関わる課題解決に摩擦摩耗の問題点の解決が求められる場合が多いと言われます。

お気軽にお問い合わせください

0120-283-150

お電話はこちらから0120-283-150