化学分析

有機成分分析:不純物分析

サービスの概要

液体・固体試料、及びガス試料に含有する不純物の分析が可能であり、ガスクロマトグラフ(GC)や高速液体クロマトグラフ(HPLC)、ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MS)を用いて目的物質を分析します。
 ・樹脂中のフタル酸エステル
 ・ヘキサメチレンテトラミン
 ・PFOS、PFOA
 ・シロキサン
 ・ポリマー中の残留溶剤
 ・燃料成分
 ・液晶成分

特長

未知物質の定性や微量指定成分の定量も可能

ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MS)による測定

未知成分の定性分析や指定成分の微量定量分析が可能です。 熱分解ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MS)による測定では、熱分解生成物からの樹脂判定やフタル酸エステルのスクリーニング測定も可能です。



*リチウムイオン電池電解液の組成/反応生成物分析に関しては、外部サイトより技術資料がダウンロードできます。
https://www.atengineer.com/pr/clearize/20200902001.html

  • ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MS)の外観

  • トータルイオンクロマトグラム例

  • 主成分の解析例

付属機能
  • Tenax濃縮(サーマルデソープション)
  • パイロライザー(熱分解分析)

さらに微量な指定成分の定量も可能

高分解能ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MS)による測定

PCBの詳細分析や有機スズなど指定された有機成分を精度良く定量することができます。

  • 高分解能ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MS)の外観

  • PCBの詳細分析例

ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MSMS)による測定

液体クロマトグラフ質量分析装置(LC/MSMS)による測定

農薬成分や医薬成分、ヘキサメチレンテトラミンやPFOS・PFOAなど規制物質を精度よく定量することができます。

  • ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MSMS)の外観

  • クロロピリホスの分析例

  • 液体クロマトグラフ質量分析装置(LC/MSMS)の外観

  • PFOSの分析例

適用分野,事例

GC
  • 水中のアルコール分析
  • 低分子シロキサンの分析
  • 電解液の組成分析
  • ポリマー中の残留溶剤の分析
  • 燃料成分の分析
  • 油の組成分析 など
GC/MS
  • 加熱発生ガスの定性・定量分析
  • 未知成分の定性分析
  • 各種有機成分の微量分析
  • フタル酸エステル類の分析 など
HPLC
  • 誘導体化アルデヒドの分析
  • 液晶成分分析
  • 界面活性剤の分析
  • MDI,TDIの定量分析 など
高分解能GC/MS
  • ダイオキシン類の分析
  • PCBの詳細分析
  • 臭素系難燃剤の分析
  • 各種有機成分の微量分析 など
LC/MSMS
  • 農薬・医薬品の分析
  • 界面活性剤の分析
  • ヘキサメチレンテトラミンの分析
  • 酸化防止剤の分析
  • 各種有機成分の微量分析 など
GC/MSMS
  • 農薬・医薬品の分析 など
  • 各種有機成分の微量分析 など

所有装置・仕様

ガスクロマトグラフ(GC)

日立 G-3000形

  • 水素炎イオン化検出器(FID)
  • アルカリ熱イオン化検出器(FTD)
  • 電子捕獲検出器(ECD)

日立 663形

  • 炎光光度検出器(FPD)
  • 光電離検出器(PID)

日立 G-5000形

  • 水素炎イオン化検出器(FID)

ジーエルサイエンス GC-4000

  • 熱伝導度検出器(TCD)
  • 水素炎イオン化検出器(FID)

島津 GC-2010

  • アルカリ熱イオン化検出器(FTD)
  • 電子捕獲検出器(ECD)

島津 GC-2014

  • 水素炎イオン化検出器(FID)
  • 炎光光度検出器(FPD)
液体クロマトグラフ(HPLC)

アジレント 1260 Infinity

  • 吸光光度検出器(UV-Vis)
  • 示差屈折率検出器(RID)
ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MS)

島津 GCMS-QP2010Ultra

  • 四重極型、データ処理装置付
  • Tenax濃縮(サーマルデソープション)付属
  • パイロライザー(熱分解分析)付属

島津 GCMS-QP2010Plus

  • 四重極型、データ処理装置付
  • Tenax濃縮(サーマルデソープション)付属
  • パイロライザー(熱分解分析)付属
高分解能ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MS)

日本電子 JMS-800

  • 電磁場収束型
  • 分解能:60,000以上
ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC/MSMS)

ウォーターズ Quattro Micro GG

  • タンデム四重極型、データ処理機能付
液体クロマトグラフ質量分析装置(LC/MSMS)

ウォーターズ Quattro Premier XE

  • タンデム四重極型、データ処理機能付

分析方法の詳細

低分子シロキサンの分析



1.概要
シロキサンとは、ケイ素と酸素を骨格とする化合物で、Si-O-Si結合を持つ物質の総称です。
ケイ素の原子数が少ないものを低分子シロキサンと言います。これら低分子シロキサンは電気接点の絶縁不良となる原因物質と言われています。



2.特長
  溶媒浸漬による含有量測定と加熱による発生量測定が可能


3.主な用途
  コーキング、接着剤、パッキン、樹脂、ゴム、チューブ、離型剤、洗剤、化粧品などに含有している量、または、これらが加熱・燃焼したときに発生するガスの量


4.分析装置
  ガスクロマトグラフ

  • G3000型ガスクロマトグラフ
    G5000型ガスクロマトグラフ

  • GC2014型ガスクロマトグラフ

  • GC4000Plus型ガスクロマトグラフ

5.分析例
【含有する低分子シロキサンを調査】
シリコンコーキングを24時間自然硬化品させたサンプルを浸漬抽出して分析した例
 

シリコンコーキングを96時間自然硬化品させたサンプルを浸漬抽出して分析した例
 

【発生する低分子シロキサンを調査】
製品を150℃で加熱したときに発生するガスを活性炭に捕集して分析した例
 

残留油分・大気中油分測定



1. 概要
  最近需要が増加している半導体や精密機械メーカなどにおける脱脂洗浄装置の評価や加工部品の表面残留油分の評価、さらには、大気中のオイルミストなど、抽出済みの試料に最適な油分濃度が測定できます。溶媒には、四塩化炭素やS-316などに近似した抽出能力を持ち、しかも毒性の少ないH-997(代替ハイドロクロロフルオロカーボン)を使用しておりますので、環境や人体に優しく高精度な測定結果が得られます。


油分濃度計外観




2. 主な測定サンプル
■土壌の油分含有量調査
■部品の洗浄工程の残留油分測定
■部品洗浄液の油分評価
■半導体・メッキ接着における油脂洗浄評価
■大気中のオイルミスト測定


3. 作業手順
試料を適量採取します。
溶媒を適量正確に計測し、溶媒(H-997)に試料を浸漬させ、油分を十分抽出します。
装置へ測定溶媒を注入し測定を行います。


4. 抽出溶媒  

お気軽にお問い合わせください

0120-283-150

お電話はこちらから0120-283-150