非破壊測定

非破壊測定とは・・・
物体や材料の内部または表面の状態を評価するための技術の一つで、非破壊測定の主要な目的は、試験対象物を傷つけずに検査し、欠陥、異常、品質の問題、またはその他の隠れた問題を発見することです。
非破壊試験は、製造業、建設業、航空宇宙、自動車産業、原子力発電所など、さまざまな分野で使用されます。
クリアライズの非破壊測定は、半導体パッケージ、電子部品などの不具合(内部欠陥)調査に有効な超音波映像観察、可搬型X線応力測定装置・微小領域X線回折装置・高分解能X線回折装置等を用いた残留応力測定、ノイズ低減型中性子水分計「水処伝(すいこでん)」(当社開発装置)を用いて配管やタンクなどの保温材の中にある水分を検知し、外面腐食による不具合を早期に発見する配水管水分測定を実施いたします。また、微小部用、産業用、高出力用等多岐にわたるニーズに対応するX線CTと可搬型のX線発生装置を用いた撮影にも対応しております。