環境分析

悪臭分析:悪臭分析、臭気拡散シミュレーションシステム

サービスの概要

敷地境界および排出口での特定悪臭物質(22物質)の分析が可能です。

特定悪臭物質

特定悪臭物質(22物質)の臭気強度と濃度の関係
特定悪臭物質名臭気強度臭気強度臭気強度
2.533.5
アンモニア1 ppm2 ppm5 ppm
メチルメルカプタン0.002 ppm0.004 ppm0.01 ppm
硫化水素0.02 ppm0.06 ppm0.2 ppm
硫化メチル0.01 ppm0.05 ppm0.2 ppm
二硫化メチル0.009 ppm0.03 ppm0.1 ppm
トリメチルアミン0.005 ppm0.02 ppm0.07 ppm
アセトアルデヒド0.05 ppm0.1 ppm0.5 ppm
プロピオンアルデヒド0.05 ppm0.1 ppm0.5 ppm
ノルマルブチルアルデヒド0.009 ppm0.03 ppm0.08 ppm
イソブチルアルデヒド0.02 ppm0.07 ppm0.2 ppm
ノルマルバレルアルデヒド0.009 ppm0.02 ppm0.05 ppm
イソバレルアルデヒド0.003 ppm0.006 ppm0.01 ppm
イソブタノール0.9 ppm4 ppm20 ppm
酢酸エチル3 ppm7 ppm20 ppm
メチルイソブチルケトン1 ppm3 ppm6 ppm
トルエン10 ppm30 ppm60 ppm
スチレン0.4 ppm0.8 ppm2 ppm
キシレン1 ppm2 ppm5 ppm
プロピオン酸0.03 ppm0.07 ppm0.2 ppm
ノルマル酪酸0.001 ppm0.002 ppm0.006 ppm
ノルマル吉草酸0.0009 ppm0.002 ppm0.004 ppm
イソ吉草酸0.001 ppm0.004 ppm0.01 ppm

特定悪臭物質の分析

ガスクロマトグラフ(GC)【炎光光度検出器(FPD)】による分析 液体アルゴンによる低温濃縮で、硫化水素,メチルメルカプタン,硫化メチル,二硫化メチルの硫黄系ガスを高感度で分析可能です。

 

臭気指数の測定

臭気判定士による三点比較式臭袋法での測定が可能です。

臭気指数等の測定を行うことができる臭気測定業務従事者(臭気判定士)とは、臭気判定士試験および嗅覚検査に合格し、環境大臣から臭気判定士免状の交付を受けた者をいいます。

  • 敷地境界付近でのガス採取外観

  • ガスクロクロマトグラフの外観

所有装置・仕様

ガスクロマトグラフ(GC)

日立G-3000形
  • 水素炎イオン化検出器(FID)
  • アルカリ熱イオン化検出器(FTD)
日立G-5000形
  • 水素炎イオン化検出器(FID)
日立663形
  • 炎光光度検出器(FPD)
  • 光電離検出器(PID)
島津GC-2014
  • 水素炎イオン化検出器(FID)
  • 炎光光度検出器(FPD)

お気軽にお問い合わせください

0120-283-150

お電話はこちらから0120-283-150